クレッシェンドラヴ・2016/10/22 メイクデビュー東京

夏の函館デビューを目指して、函館で調整を進めるも、一頓挫がありデビューが延びてしまったクレッシェンドラヴ。1週前追い切り・最終追いともに好時計をマークしており、久々に新馬勝ちを味わえるかと思いましたが・・・・・。結果は惨敗。競馬はうまくはいかないものとと改めて感じる結果になってしまいました^^;

【パドック】
20161022_01

20161022_02

20161022_03

20161022_04

【返し馬~レース】
20161022_06

20161022_07

20161022_08

パドックでは二人引き。段々と気合を全面に出してきて、チャカチャカするくらいで、許容範囲内かと思いましたが、馬場へ出ると煩さを見せるように。まっすぐ歩いていませんでしたからね・・・。それでもキャンターにおろした際のフォームは綺麗なものでした。


レースでは蛯名騎手が促しながら追走しますが、ギアが上がること無く後方侭という競馬になっていない結果に。直線でも内に内にササろうとしていて追いづらそうに見えました。一回使って変わってくることを願うしかありませんね^^;倶楽部のレース後コメントでは「ステイゴールド産駒らしさ」が出てしまった事によるものとして、度外視と見ているようで、問題がなければこのまま続戦サせるとの事。レースを使いながらその素質を発揮してくれればと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA