ウエディングソング・調教見学Report

坂東牧場の調教見学が完了したあとは、バスでクローバーファームへ移動し、
ウエディングソング(父:ルーラーシップ、母:モンズーンウエディング)の展示及び
調教見学ぉ行いました。

牝馬ながら500kgを越える雄大な馬体。1月中旬から3月下旬ごろまで骨膜により、騎乗運動を控えていたようですが、あまりそういった雰囲気は感じませんでした。


気性面もツアーの時点では特段のキツさといったものも感じず、心配無さそうです。馬体展示・記念撮影タイムが完了した後に、トラックコースで調教見学を行いました。乗り出しを再開したばかりということもあってか、軽めのキャンター/ハッキングでじっくりと周回を重ねていきました。

立ち上げ期間ということもあってか、じっくりじっくり進めているという感じが見て取れました。

調教が終了して再び馬体展示へ。本馬については、GOサインが出れば、どんどんペースを上げて行きたいという話があがっていました。上の写真や、顔アップの写真を見てわかるように、穏やかな性格で、人間に対して素直な性格なようです。調教を積んでいけば、馬体も変わってきそうですし、フッフール同様に、入厩直前の駆け込み出資作戦が良さそうな気がします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA