クレッシェンドラヴ・2017/07/22 3歳以上500万下

2月の中山戦で待望の初勝利を挙げてから5ヶ月ぶりのレースとなったクレッシェンドラヴ。相変わらず追いきり時計がエグいので遠征してきました。

シーザライトとクレッシェンドラヴのレースの間に雨が結構降ったんですが、
クレッシェンドラヴのパドック周回時点ではその雨も止み、極端な馬場悪化には繋がらなかったかと思います。5ヶ月ぶりにみた本馬ですが、胸前あたりのボリューム感のアップは休養中の成長を印象づけるのには充分なもの。トモについてもボリュームが出てきたように感じますが、こちらについてはまだまだ踏み込み甘いように感じました。

たてがみが休養前より伸びててちょっと可愛らしいなぁと思ったりも

騎乗停止命令が掛かりましたが、パドックでは騎手を載せず、そのまま最終周回へ。返し馬についてもスタンド前まで馬を持ってくることなく、馬場へ出たらそのままキャンターに入ってしまったのですが、モニターに映し出された姿は落ち着きがあるように見受けられました。

レースでは、これまでで一番良いスタートをキメて、ハナにも立ちそうなところでしたが、先行集団のインで我慢する競馬に。ラップも道中13秒台のラップが1度しか無く、向こう正面で一団となるちょっと特殊な展開に。じっと内で脚を溜めていましたが、中々捌けずに勝ち馬が大外を捲りきって直線を向いてからクレッシェンドラヴも大外に持ち出すことが出来ました。

写真を撮っているときは「届け!!!!!!!!!!!」と心のなかで叫んでおりましたが、1/2馬身差まで追い込んだ所がゴールでした。勿体無いレースになってしまったと感じました。

引き上げてきたクレッシェンドラヴと悔しそうな表情の石橋脩騎手。
レース後のコメントでは「このクラスにいる馬ではない」と本馬の能力を高く評価してくれました。

個人的にはあまり緩まなかった今回のレースで、先行集団にいて崩れることなく脚を使うことができた、本馬のスタミナというかステイヤーとしての脂質は結構凄いんじゃないのかなぁと思っています。

ただし、追い出してからの反応・手前替えの癖みたいな部分についてはこれからの課題点であると言えそうです。

そのあたりが改善されれば、調教での動きが常に実戦にリンクしてくるようになり、結果として良いところまで行ってくれるんじゃないのかなぁと感じております。

レース翌週の近況更新では続戦としての目標は、新潟開催の2400m戦。セントライト記念を目標とするのであれば、次は落とせない一戦と言えるでしょうし何とか結果を残してもらいところです。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA