【募集馬展示会】ウェルシュステラ’16

坂東牧場の見学を終えて、BTCに向けてバスで浦河方面へ。シュウジデイファーム、吉澤ステーブル、ディアレストを一気に回る行程です。

シュウジデイファームは、矢作調教師と密接な関係である育成場で、ターファイトの出資馬であるドゥドゥドゥがデビュー前に鍛えられていた育成場でもあります。そういった意味では、どういった育成場なのか気になっていたところでもあります。

シュウジデイファームには、矢作厩舎入厩予定のウェルシュステラ’16と新規開業厩舎に入厩予定のレフィナーダ’16が調教を行っています。

まずはウェルシュステラ’16についてです。父はこの世代が初年度産駒となるジャスタウェイ。なによりもドバイターフでのレコード勝ちが強烈なパフォーマンス。スピードだけではなく、道悪の安田記念も最後の競り合いで勝ちきるようにパワーや勝負根性を備えた馬でもありました。

広尾TC会員の方々にはもうおなじみの話ではありますが、初仔のステラリード、ジョビアーレ、ゴッドフロアー、ウェルシュハープ、レトロクラシック、シーザライトとこれまで広尾TCでデビューしたウェルシュステラの産駒は全て牝馬でしたが、待望の牡馬が誕生。(ステラリードとジョビアーレの間が1年空いていますが、それは一度牡馬が産まれたようですが、生後直死だったようようで。)コンスタントに勝ち上がり馬を輩出してきたウェルシュステラですので、牡馬の募集を待ち望んでいた人も多いかと思います。私もその1人だったりします。

本馬を見た感想ですが、一言でいうと全てのパーツがデカイ・ガッシリしているといったものでした。脚も太くパワーでゴリゴリ押していくようなタイプなのかもしれません。カタログ掲載の馬体重は523kg。

ハナズの繋がりで矢作厩舎とのパイプができ、通常募集の馬が入るということで、倶楽部も待望の牡馬をピックアップしたのかもしれません。

今回はそんなに歩かせなかったので写真が撮れませんでしたが、気性は素直で、人を嫌がるようなところはありませんでした。集合写真はシュウジデイファームで撮りましたが、本馬とレフィナーダ’16は大人しくしていました。

もう少しカリカリするタイプなのかなと思っていたんですが、気性は素直でした。募集馬見学ツアーでは馬の気性がアレでない限り、一緒に写真を撮ることができます。本馬とも一緒に写真を撮りましたが、顔をすり寄せてきました。それをやられてしまうと正常な判断を行えず、出資に至ってしまうケースもあるのですが^^;

至近距離からカメラを構えても動じることなく、また色々な人が触っても意に介さないといった表情。今のところ、ピリピリ・カリカリするタイプではないようですので、これはこれから調教を積んでいくにあたって、大きなセールスポイントのひとつになっていきそうです。

ターファイトのドゥドゥドゥがシュウジデイで積んでいた調教メニューから考えると、本馬の調教についてもBTCのトラックコースや坂路でガンガン乗り込んでいき、ある程度乗り込んでからは速めをまぜながら進めていくのではないでしょうか。(坂路を15-15で上がって、終いは3Fは40秒台とか。)

乗り進めて行って、馬体がどう変わっていくのか、速めを消化し始めてどういった変化・成長を見せるのかギリギリまで様子を見たいと思っています。

懸念というか気になるところでは、矢作厩舎の基準みたいなものに達さないとお呼びがかからない可能性があるところでしょうか。抱える馬の数が多い厩舎の宿命。厩舎内の競争にも勝っていかなければなりません。ターファイトのドゥドゥドゥも15-15をやり始め、週1回は3F40秒のペースまで上がっても、成長を促すという事で同じようなペースで2ヶ月~3ヶ月乗り込んでも、中々入厩やトレセン近郊への移動の声が掛からなかったという事もありました。ただ一度入厩すれば、続けて使ってくれることが多いのも事実。

そういった意味でもこの馬はギリギリまで様子を見れるなら見る。という戦法を取るのがいいのかなと感じます。残口だけはしっかりと注視していきたいですね。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA