【募集馬展示会】レフィナーダ’16

シュウジデイファームで展示されたもう1頭はレフィナーダ”16。
ダンカークの牡馬ですが、坂東牧場で展示されたスイートマカロンとは
タイプが正反対といっても過言はない馬体でした。

スイートマカロン’16と比べると、幅が薄目の馬体で背も高くスラッとしており、ダートというよりは芝向きの印象を持ちました。ダンカークは母系の特徴をだすのかもしれません。年齢を重ねていけば、色は同化してしまうかもしれませんが、芦毛で4本ソックスという派手なルックス。人気を集めそうです。
カタログ掲載の馬体重は451kgですが、それ以上に体重がありそうなのは体高が160cmと高めだからでしょうか。馬体重はもう一回り、二回りは大きくなって来るのではないでしょうか。

ダンカークを日本に導入した倶楽部の血統アドバイザーでもある、竹内さんがいれば、産駒全体の傾向などをつかめたかもしれませんが、今回はいらっしゃいませんでしたので、そのうち倶楽部で触れてくれることを願っています。

レフィナーダの産駒はこれまで勝ち上がりはエンパイアブルーの1頭のみ。過去倶楽部で募集があった、未勝利引退のフォルビートやイエローフライトや、現役で上のクラスも目指せそうな、エンパイアブルーにしても、体質の弱さや脚部不安といった育成段階での頓挫があってか、思うようにレースに使えずデビュー時期は揃って3歳の5月ころになってしまっている点はとても気になるところです。

また、今回のツアーで出資馬である、本馬の半姉・レイナグラシアも見てきましたが、そちらについてもデビューが遅れている点に対する不安を感じたのが正直な感想で。。

父がダンカークに変わって、体質などが改善されているのか様子を見たい1頭。
順調に調教を積めていけれるかがカギとなりそうです。調教を積んでいって、それこそ早めをやるようになって、どう変わっていくのかはウェルシュステラ同様に様子を見ていきたいですね。

気性面についてですが、本馬もウェルシュステラ’16と同様で素直な気性であるように感じました。育成が始まって間もないこの時期だからかもしれませんが、ハミやチェーンをカチャカチャ噛んで遊ぶような仕草も見せており、まだまだ子供っぽい面も見せるところも。近況のコメントにもあるように、初期の馴致はちょっと時間がかかったようですが、今は心配ないようです。

新規開業の調教師ということで、最初は元騎手の田中博康調教師か、二ノ宮調教師のところで研修中の和田調教師(クレッシェンドラヴのコメントで度々登場)かなぁと思ったんですが、実際は美浦の林徹調教師のようです。シュウジデイファーム育成ということもあり、矢作調教師との繋がりを感じます。

新規開業の場合、他の厩馬房の回転が大所帯の厩舎よりも遅い傾向もあり、
じっくり手元で進めることができるということは、メリットに感じます。

まずは本馬については、しっかりと調教を積んでいき、脚元や体質面での不安が生じることなく、進んでいくかを見極めたいと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA