【募集馬展示会】サンデーローザ’16

最後に回ったディアレストクラブでは
ロードカナロア産駒・サンデーローザ’16の展示です。

馬房から出されたサンデーローザ’16はここまで見てきた他の馬とはちょっと雰囲気が違いました。馬が馬房から出されたときに、血統名を読み上げながら出てきたのが印象的でした。恐らくこの育成場では馬を出して見せるときにそういった事をやっているのでしょう。急な事に馬は驚くと良く言われますが、本馬は驚くこともなく、馬房から出されて、立ち姿を決めていました。

まずはじめに感じたことですが、皮膚が薄い。というところでしょうか。これまでしっかりと調教を積んでいることが伺えます。環境の変化にも動じないところもあり、現状のメニューではBTVの色々なコースを使って調教を行っているようで、今回の募集馬の中では一番進んでいるのではと感じました。

ロードカナロアはノヴェリストと同様に2017年の2歳が初年度産駒で、こちらも産駒がどんどん勝ち上がっており、展示会前の段階で、2勝+重賞2着のステルヴィオを筆頭に2勝馬は既に4頭。今後がとても楽しみな種牡馬といえるでしょう。

本格化というかスプリンターズステークスを飼ったのが4歳の秋だったロードカナロアですが、仕上がりが早い産駒も多いようです。本馬もこれからの調教の進み具合だとは思いますが、早期デビューを目指せるのではないでしょうか。

この馬は木村秀則牧場生産というわけではなく、他の牧場で生産された馬。
おそらく、ハニートリップやドゥオーモの繋がりで、広崎さん経由の馬かもしれません。

現時点では気性的な面での心配も無さそうですし、既に色々なBTCのコースで調教を行っているようで、あとは早いところをやるようになってからどうかというところでしょうか。

この馬は参加者の中でも人気を集めているようで、ツアーでは一番人気だったかもしれません。懇親会でもこの馬の話題が上がることが多かったような。現時点で広尾の中で一番早いデビューを期待できるのは本馬でしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください