エタンダール 2015/03/14・館山特別

藤原厩舎から中舘厩舎への転厩。転厩初戦を迎えたエタンダール。
生観戦は4歳時のメトロポリタンステークス以来。久しぶりに対面でき
ここでは負けられないと思いましたが。20150314_09R_01

20150314_09R_02

20150314_09R_03
パドックの周回で、前を歩いていた馬がゆっくりと歩いていたためでしょうか。
カリカリしているように見受けられました。それでも復帰後のレースよりは
マシに見えましたが口から泡を吹いていましたね。
返し馬。首を低くしてゆったりと走って行きました。
20150314_09R_04

20150314_09R_05

レースは五分のスタートから、スッと前に取り付いて行きましたが、これまでのように掛かるような所は無く、折り合ったまま向こう正面へ。徐々にポジションが下がっていきましたが、3コーナー手前辺りで進出を開始。4コーナーでは前に取り付いて、そのまま押しきれるかと思いましたが。。

20150314_09R_06

撮影した後突き抜けるかと思ったんですが、長く脚を使ったためか、思ったような末脚を見せることは無く、最後は3着。転厩初戦に白星を飾ることはできませんでした。ちょっと中途半端な競馬になってしまったような気がしました。

レース後の更新では

「結構ハミを噛んで行くと聞いていましたし、『馬が行きたがるようであれば、無理に抑えることなく行かせてもイイ』との指示。ところが今日はそのようなところはなく、前も流れていましたので、出たなりの競馬になりました。あまり切れる脚を使う印象がなかったものですから、ヨーイドンになるよりは、ある程度勢いをつけて上がって行った方がよいと思い、3角過ぎから押し上げて行ったのですが、思ったほどの伸びがありませんでしたね。馬のデキやこの距離が影響したわけでもなさそうですし…。一度屈腱炎を患っている分、もしかしたら馬が加減して走るようになっているのでしょうか。今日の感触だけで言えば、ジワジワと脚を使う走りでしたので、距離はもう少しあってもイイのかもしれません」(田辺騎手)

外々を回らされたとは言え、ここは1000万クラス。少なくともデキは悪く見えず、テンションも許容範囲だっただけに、本馬の実績を考えれば、言い訳なしで押し切って欲しいところでしたが、どうもワンパンチが足りず、勝ち切れないレースが続いてしまいます。なお、このあとは脚元の状態を慎重にチェックしてもらったうえで、今後の進むべき路線を再検討。鞍上が言うように、1800mに向かうよりは2200~2400mの方がやりやすいのかもしれません。(倶楽部コメント)

とあり、何とかオープンに戻ってもらいたいと願っておりますし、それができないとは倶楽部側も思っていないためか、満足していないコメントでした。問題がなければ、中山か福島で続戦となりそうです。中山で適した条件がなければ、福島2600を試すのもいいかもしれませんね。まだまだキャリアも浅く。今日の印象ではまだまだ馬も若い感じがします。怪我なくこの次へ進んでほしいと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA