アドバンスマルス・5/4ジョイナスファーム見学会

昨日開催された、ジョイナスファームの展示会に参加しました。当初はシーザライトのみの展示会という事で計画されていましたが、北海道からアドバンスマルスとパワーバンドの2頭が千葉のシンボリ牧場内・大瀧ステープルへ移動することになった事を受けて、2頭の見学も追加されることになりました。

当初の予定では、2頭の調教の様子も見学できる可能性があったのですが、人数が多かったため、見学不可となり、2頭をジョイナスファームに運んでの馬体展示を行うことに。調教が見れると思って参加した人はショックかもしれませんが、牧場側の都合もあるようですから^^;ただし、デビュー前の今の内から、馬運車に慣れるというのは、馬にとってはプラスになると思いますので、これはこれで良かったんじゃないのかなぁと思ったりも。

また、北海道から移動して間もない時期でしたので、輸送による馬への負担もあるんじゃないのかなと心配しましたが、最初に登場したアドバンスマルスを見て、「そういった心配は無用」と言わんばかりの元気な姿を見せてくれました。

相変わらず、雄大な馬体ですね。北海道で見学した時間帯が夕方でしたので、今回のような日中帯の時間ですと、また違った馬体に見えます。

素人目には、既に北海道からの輸送疲れといったものは解消されているんではないかと感じました。
続きを読む →

フェニーチェ’16・オプショナルツアーReport

4/15の見学会の翌日にオプショナルツアーとして設定されたフェニーチェ16の見学会。
私を含めて7人が参加して、新千歳空港から休憩を挟みながら、恵比寿牧場まで向かいました。

13:00前くらいに牧場に到着して、感動(?)の対面。どことなく、母馬の面影があるフェニーチェ16との対面が実現しました。
母馬のグッドルッキングな顔立ちはしっかりと受け継がれており、ほっこりしました。

下の写真は、フェニーチェの引退レースのパドックで撮影した一枚。

瞳の感じや、流星の出方が似ていますよね。
続きを読む →

パワーバンド・調教見学Report

調教が見学できませんでしたので、午後の馬体展示から。バランスの良さが目立った1頭でした。
パワーバンド(父:ディープブリランテ、母スイートマカロン)は栗毛で流星のある顔。
イケメンなホースでした。

バランスの良さと牡馬で価格が安めの設定ということも手伝ってか、ツアー前に満口。
広尾のこの世代の牡馬の中では、人間に対して従順そうだなという印象を持ちました。

ツアー後、ここまでの調整過程が順調ということもあり、アドバンスマルスとともに千葉の大瀧ステープルへ移動。調教の様子を見ることができるかもしれませんので、シーザライトの調教見学ツアーが開催される、5/4が楽しみになってきました。

ウエディングソング・調教見学Report

坂東牧場の調教見学が完了したあとは、バスでクローバーファームへ移動し、
ウエディングソング(父:ルーラーシップ、母:モンズーンウエディング)の展示及び
調教見学ぉ行いました。

牝馬ながら500kgを越える雄大な馬体。1月中旬から3月下旬ごろまで骨膜により、騎乗運動を控えていたようですが、あまりそういった雰囲気は感じませんでした。
続きを読む →

フッフール・調教見学ツアーReport

坂東牧場の調教Reportの最後は、無料募集馬フッフール
(父:スマートファルコン、母:ベイビーローズ)です。これもまた派手な鼻白の馬ですね。
フッフールと聞くと、ウイニングポストのスーパーホースを思い出してしまいます。

調教展示ではキングオブハーツと同じ組で周回コースのキャンターを行いましたが、
周回を重ねる毎に、調教ペースの違いからか、差が広がっていってしまいました。

息遣いも荒く、まだまだ体力をつけていく段階のように感じました。 続きを読む →